PNG画像を圧縮しサイトを作成して比較してみた

08
今回はPNG画像の圧縮について書きたいと思います。 サイト作成を長年していますが、昔はテーブルレイアウトで、画像はJPEGとGIFこの2種類だけで製作したものです。 テーブルレイアウトの性質上、画像をちょっとずらして重ねたような表現をするときは一枚の画像にして使用していました。 しかしPNG画像の出現、CSSのでレイアウトをするようになってから、画像を二枚重ねた表現なども凄く楽になり...
続きを読む

フラットアイコンで使われるカラー選びのポイントを考えてみた

09
巷で?まだまだ使われるフラットアイコン。 いざ作ってみるとカラーチョイスが微妙というかなんというか、、 これでいいのか。。?みたいな変な疑心が生まれることも。 そんな時は flatuicolors.comで確認すると、「やっぱこれでよかったんだ…」みたいに 安心できるかもしれません。逆もしかり。 http://flatuicolors.com/ めでたしめでたし!! ...
続きを読む

Photoshopのパスの使い方

今回はパスの使い方について。 アドビシリーズではパスを扱う場面が良く出てきます。 Illustratorでは、ツールの中でも主にパスでの作業が基本となると思いますが、 Photoshopでも使いたいときはあるものです。 しかし。。両者のパスは使い方が違うんですよね。 しかも全く違うのではなく、ビミョーに違うという所が分かりづらさを際立たせてます。 Photoshopは「ペン...
続きを読む

Photoshopのレイヤーごとの縦横ピクセル数の確認

今回は少しぼやきなのですが、 Photoshopで画像を作成する際、一枚の画像ではなくスライスやレイヤーごと分けることも多いかと思われます。 そうなると各スライス・レイヤーに置かれている画像の縦横のピクセル数を確認したくなることも出てきます。 大枠であれば画像解像度で確認できますし、スライスであればスライスツールでスライスを ダブルクリックで確認できますね。しかし以外に不便なのがレイヤーご...
続きを読む

Photoshopの境界線について

Photoshopで文字や図形に境界線を追加する際、スタイルの境界線を適用しただけじゃ足りない場合もあるかと思います。 その際Illustratorのようにアピアランスパレットがないので、レイヤースタイルでなんとかするわけですが、果たして何重までスタイルで境界線が描けるのか。 文字などの場合、内側に線を描くと形が崩れるので、それを除けば4重は可能かと思われます。そんな何重も使わないですが。...
続きを読む