aiファイルをpsdで開くときの注意点

イラストレーターで作成したデータをphotoshopで加工したい場面はよくある。
しかし、デフォルトの設定でaiファイルをphotoshopで開くと
色がおかしくなってしまう。

特に分かりやすいのが”ブラック”だがaiで作った黒い曲線があったとして
psdで開くとブラウンに変化してしまう。

なぜならaiのカラーモードのデフォルトがCMYKで
photoshopのカラーモードのデフォルトがRGBであるため、色がうまく引き継がれないのだ。。

もし、最初からphotoshopで加工する前提で作成する場合は、あらかじめ

ファイル→ドキュメントのファイルモード→RGB

に設定する必要がある。photoshopの場合は新規作成時にカラーモードを聞かれるが
illustratorの場合はそういうわけにはいかない。

また、過去に作成したファイルや他人から引き継いだaiファイルを
psdで扱いたい場合、一度illustrator上で

編集→カラー設定

でカラーマネジメントの変更を行うことで
無理やり設定を変えることが出来る。
面倒な場合は起動時に、カラーマネジメントを無視することのできる
項目もあるのでいろいろいじってみる必要がある。

コメントを残す