IEの互換モードは要注意

http://blogs.technet.com/b/jpieblog/archive/2009/09/09/3280034.aspx

という事で、やっかいなIEのみのQuirks モードはIE5での互換モードとして動作する。
このページにある

・HTML4.0 Frameset の DOCTYPE 宣言で DTD の URL を記述していない場合
例)

・ HTML4.0 Transitional の DOCTYPE 宣言で DTD の URL を記述していない場合
例)

・ DOCTYPE 宣言を記述していない場合

だと,
IE5なので、色々な注意が必要だ!!
何らかの理由でこれらのHTMLドキュメント宣言を修正できず
javascriptでダイナミックな動作をさせるときには、思わぬわなにはまります。

position:fixed は利用できないとか・・その他いろいろ。

コメントを残す