ガラケーが2017年に生産中止

ガラケーが2017年に生産を中止すると。日本の各メーカーが報じた。
僕は、高校生の時にポケベルからスタートし、PHS、アナログ携帯、デジタル携帯(ガラケー)、スマートフォンと時代とともに移行してきました。
スマホ歴より、まだガラケー時代の方が長いんではないかと思う。
そんなガラケーがなくなってしまうのはちょっとさみしい気もするが、これも時代の流れ。

今まで、メールもしない、ネットも見ない、電話だけできればいいという人もスマホにするしかなくなってしまうと、ちょっと不安もあるかと思います。
年配の人だと、新たに操作を覚えなくてはならない。

それも結構大変なのではないかと思う。
最近では各社のスマホ料金プランもちょっとお高くなってきている気がするので、

ガラケーユーザーがスマホにする利点がどこにあるのだろうか?
企業側としても利用者が少なくなっていく、事業部署にコストはかけられないだろうし、なんとも歯痒い。

2017年移行どうなっていくかは分からないが、日本独自の、iモード、ワンセグ、お財布ケータイ、ブラウザゲームなどなど、
当時は凄い魅力を感じたものが、この先スマホでも見られ、ガラケーならぬ、ガラホはできるのだろうか?
各メーカーがOSをAndroidに統一するとの事なので、日本独自なものはなかなか難しいかもしれないが、世間的にはiphoneの人気がいまだに劣ろえないなか、日本のメーカーが開発した独自のものが世界を魅了するような事を期待したいものである。