メールドメインのバーチャルエイリアス

1台のサーバ(IPアドレス)で複数のサイト(ドメイン)を運用することは良くあると思います。apacheの設定ファイル「httpd.conf」内に運用する分だけのServerNameとDocumentRootを「VirtualHost」として設定します。

 

これで1台のサーバ(IPアドレス)で複数のサイト(ドメイン)を運用することが可能になりますが、メールアドレスはどうでしょう。

 

通常、メールアドレスの@より前の部分は、そのサーバの「ユーザー名」になりますので、例えば、複数のドメインで同じ「info@」というメールアドレスは作れないということになります。(どのドメイン宛てのメールかわかりませんもんね)

 

※普通、ユーザー名「info」でなんか作成せず、エイリアスで転送すると思いますが、今回はわかりやすくするためinfoにします

 

今回は、バーチャルホストで設定した各ドメインで、同じアカウントのメールアドレスを作成する方法をご案内します。

 

●ユーザーの作成

通常、1ドメインだけで運用する場合、「info@」というアドレスでメールアドレスを作成したいならば、「useradd info」にすると思いますが、これを「ドメイン名.info」というようにサーバ内でユニークのユーザー名で作成しましょう。

 

●postfixの設定

postfixの設定ファイル「/etc/postfix/main.cf」内に、「virtual_alias_domains = ドメイン名」を追記します。ドメインが複数ある場合には、「,」で区切って追記します。

 

●転送設定

設定ファイル「/etc/postfix/virtual」内に、メール転送のエイリアス設定を「宛先 → 転送先」の順で追記します。「info@ドメイン名 ドメイン名.info」

 

●設定反映

下記コマンドで設定を有効します。

postmap hash:/etc/postfix/virtual

service postfix reload

 

お試しください。