ソフト404の正しい対処方法とは

ウェブマスターツールのクロールエラー(URLエラー)の対応を日々行うことは、サイト管理者として重要なことですが、検索サイトなどで良く出る「ソフト404」の対応は一体どのようにすべきでしょうか。

検索結果が無い場合、当然のこと「該当の商品がありません」と表示させ、条件を変えての再検索やおススメ商品などを表示して、ユーザーの離脱を防ぐことは、一般的に良くやられていますが、googlebotにはどのように対処すべきでしょうか。

その前に、「ソフト404」について簡単に説明すると、まず、俗に言う「404(ハード)」とは、みなさんも良くご存知の通り、「404 page not found」となり、そのページが存在しない、または削除された場合に表示されますね。通常この場合、表向きはもちろん、WEBサーバとブラウザ間のやり取りでも、「レスポンスコード404」というページが存在しないことを通知しています。

サイト運営をしていると、少なからず、ページが無くなったり、無効なURLで被リンクを受けたりすることがあるので、これらの場合に「レスポンスコード404」を返すことは正しい処理で、googlebotに対しても正しい処理と言えます。

対して「ソフト404」とは、表向きは「ページが存在しません」「検索結果が0件です」など、「404(ハード)」と同じですが、WEBサーバとブラウザ間のやり取りが「レスポンスコード200」になるということです。「レスポンスコード200」とは、ページが存在し正しく表示されていることを意味します。エンドユーザー向けには全く問題無い処理だと思いますが、googlebotに対しては、あまりよろしくありません。

多くの場合、表向きに「『ページ』が存在しません」と表示されれば、本当にページが存在しないので、WEBサーバー標準の「404 page not found」が表示され、レスポンスコードも404で返しているでしょうが、検索結果が0件だったり、該当の商品が無くなっているという判断は、WEBサーバではなくPHPなどのプログラムで判断することになるので、この場合、レスポンスコードは「200」になってしまいます。

「ソフト404」のgooglebotへの対応として、「レスポンスコード404」で返せば良いのではないかと思われるかも知れませんが、これは間違えで、検索結果が0件または商品が無くなっていることは、正しい検索結果で、それをエンドユーザーに伝え、ページも正しく表示されているわけですから、レスポンスコードは200であるべきなのです。
では、どう対処すれば良いかと言うと・・・・ズバリ、

<meta name=”robots” content=”noindex,follow” />

こうしましょう!